第1回 ジャンルを超えて「感動」と「健康」へアプローチ

ローカルガストロノミーは、和・洋・中という既存の料理のカテゴリーをクロスオーバーして、国内各地で大きなトレンドに育ってきています。常に新しい食文化を発信し続ける軽井沢で、舌の肥えたゲストたちに腕をふるう「ヴィラ・デ・マリアージュ 軽井澤」の総料理長、小林 愛美 氏を講師に迎え、古くて新しい信州の食のstyleのエッセンスを学びます。

日時

9月18日(水)  14:00-16:30(受付13:30~)

会場

ハナレ軽井沢
https://www.hanalekaruizawa.com/
来場の際には,できるだけ公共交通機関をご利用ください。お車でお越しの方は、ご不便をおかけしますが、近隣の有料駐車場をご利用ください。

アカデミー講師

北沢正和氏、横山タカ子氏

ゲストスピーカー

小林 愛美 氏(株式会社プリオウエディングスG&N 執行役員 総料理長)

1984年群馬県桐生市生まれ。桐生市立商業高校卒業後、2003年、今の職場に入社。社内の様々な研修による、都内レストラン、アルルでの修行と共に、群馬県と長野県を拠点に、5カ所の店舗勤務を経て現在に至る。現在は、群馬県と長野県のローカルガストロノミーとウエディングの融合を目指し、サステナブルな「食」について取り組む。

第2回 地域リレーションの構築と地元食材活用のヒント

健康長寿県信州を訪れる観光客の皆さんにとって、地域に根付いた食事は楽しみの一つ。地元食材を知り尽くすゲストお二人から、地産地消メニュー作りのヒントや食材選択のポイントなどを学びます。また、アカデミー講師や参加者のみなさんとともに、地元食材活用の課題について議論を深めます。

日時

10月23日(水)  14:00-16:30(受付13:30~)

会場

ワークラボ八ヶ岳(茅野市)

アカデミー講師

湯本忠仁氏

ゲストスピーカー

上原 聡氏(ホテルハイジ レストラン「クララ」シェフ)

1969年茅野市出身。大阪あべの辻調理師専門学校を卒業後、軽井沢 万平ホテルで料理人のキャリアをスタート、その後ホテルハイジに入社し、2001年より現職。地元の食材を積極的に使った体に優しいフレンチを提供している。長野県内の素敵な食材・生産者と、お客様をつなげる役割を担っていきたいと考える。「生産者と会って話をし、想いをわけていただくことを大事にしています。」 

中村 恭子氏(地産地消料理研究家・健康管理士・食育アドバイザー)

2011年東京都より茅野市に移住。地産地消にこだわった料理教室の開催、伝統野菜を紹介するイベントの企画・運営及びそれらを使ったメニュー開発等を行う。2015年信州の魅力を県外に発信する一般社団法人蓼科塾を設立し代表理事に就任。「ビジンサマ・マルシェ」の企画運営を手がける。地域に根ざした食が健康につながるという信念を持ち、食と健康と地産地消を結び付けた様々な取り組みを展開。

第3回 「発酵・長寿県」ならではの「発酵食」と「調味料」への向き合い方

2018年11月、「発酵食品」で「健康長寿」を目指す「発酵・長寿県」を宣言した長野県。​「信州発酵文化を世界に」を合言葉に、県内でレストランを展開するU.I.internationalの​君島代表とともに、「発酵食」を提供することでバリューを高める事業のポイント、「泊食分離」への対応を含めた今後の事業展開の可能性を考えます。

日時

11月13日(水)  14:00-16:30(受付13:30~)

会場

HAKKO MONZEN(長野市)

アカデミー講師

横山タカ子氏、湯本忠仁氏

ゲストスピーカー

君島 登茂樹 氏(合同会社U.I.international代表)

経営者。2010年東洋大学経営学部卒業後、アパレル小売事業を立ち上げる。2014年農産物販売事業と飲食事業を混合した飲食店を長野市権堂商店街にオープン、翌年同商店街で古民家をリノベーションした飲食店「GOFUKU」をオープン。2016年に信州の発酵文化と地元食材などをコンセプトとしたビア・バー・レストラン「HAKKO」続いてカフェ「CHAMISE」を山ノ内町にオープン。農業生産者とのリレーション構築に関心があり「食」と「農」を切り口に事業に取り組んでいる。

第4回 「伝統×モダン」感動を生み出す新たなstyle

信州の伝統的な食材が、才能あふれる料理人たちの新しい試みで次々と感動を生み出すレストラン「ヒカリヤ」など「扉グループ」を率いる、総料理長 田邊 真宏氏。「ルレ・エ・シャトー」に認められた、極上の時間と料理を提供する田邊氏が、伝統とモダンを融合させ、感動を生み出す新たなstyleと調理に関する様々なヒントを示唆してくれます。

日時

11月27日(水)  14:00-16:30(受付13:30~)

会場

アルモニービアン/1F バンケットホール(松本市)

アカデミー講師

横山タカ子氏、北沢正和氏

ゲスト講師

田邊真宏氏(明神館統括料理長、ヒカリヤ総料理長、信州松本ヒカリヤ(東京)料理長)

栃木県出身。宇都宮のレストラオトワの音羽和紀氏に師事。フランス・イタリアでの修業を経て帰国後、那須「二期倶楽部」の料理長に最年少で就任。その後現職に。2014年フレンチレストラン「ヒカリヤニシ」がルレ・エ・シャトー加盟。2017年「信州の名工」受賞。

お申し込みはこちらから

プログラムについて

信州感動健康料理アカデミーは、各回のテーマに基づき、ゲスト・講師を中心に参加者の皆さんとともに発展させていく講座です。各回の終わりには交流会を設け、本プロジェクトに賛同する方たちのコミュニティづくりの場となっていくことを目指しています。

アイスブレイク
参加者自己紹介
信州感動健康料理のコンセプト説明
テーマに基づくプレゼンテーション
アウトプット①
各々の気づきや、自身の課題について話し合う
アカデミー講師とゲストのトークセッション
アウトプット➁
今回の講座で得たものや、自身のビジネスに活かしたい事柄を記入
終了・交流会

※プログラムは都合により変更になる場合があります